映画『最高の人生の見つけ方』 最新情報

2019.10.09
最新情報
公開直前イベント開催!吉永さん&天海さん、ファン親子にサプライズプレゼント!!

公開まで1週間を切った10月8日(火)に公開直前SPイベントが開催されました。

本編の上映が終わり会場が感動に包まれている中、サプライズで吉永小百合さんと天海祐希さんが登壇!何も知らされていなかった観客からは大歓声が!吉永さんは「天海さんと2人で世界中を飛び回って私達の映画を作りました。これから皆様の感想を聞けるかと思うと、ドキドキします」と挨拶。続けて天海さんが「楽しんで頂けましたか?」と会場に呼びかけると、会場からは割れんばかりの拍手が鳴り響き、天海さんは「すごく嬉しいです」と笑顔で話しました。

会場からの質問に吉永さんと天海さんが答えるという流れで、【初めて会った時のお互いの印象を聞きたいです】と尋ねられた吉永さんは「(天海さんは)めちゃめちゃ綺麗な方だと思いました」と答えると、天海さんがすかさず「めちゃめちゃ大きいと思いませんでした?」と突っ込むなど、劇中の幸枝とマ子のようなコミカルなやり取りをみせ、会場を笑わせます。天海さんは「私は今の皆さんと一緒で、『はぁ~、吉永小百合さんだぁ~!』と思いました。実際にお会いすると非常に近しい感じで接して下さって、こんな女神の様な人がいるんだなと。もう自分で発光されてるでしょ(笑)」とコメント。

【アドリブはありましたか】という質問には天海さんが「笑っているところなんかはアドリブが入っているかもしれませんが、私達上手いので(笑)どっちなのかなと思いながら観て下さい(笑)」と茶目っ気たっぷりに回答。

【映画の中では幸枝とマ子がお互いのためにあることをしてあげていましたが、吉永さんと天海さんが撮影中お互いにしてあげたことはありましたか】と聞かれると、天海さんは「今回の映画で何か一つ小百合さんの為になれたらいいなと思っていたんですが、自分がきちんと剛田マ子さんという役を全うして、誠実に生きることが吉永さんの為になると思って演じていました。ただ出来上がった映画を観ると、私は小百合さんが持っていらっしゃる柔らかなオーラに包み込まれていて、結局私は守られていたんだなと思いました」とコメント。吉永さんは「私はほとんどして頂いたことばかりなんです。ただ、こんな事を言うと叱られるんですけども、とにかく(天海さんは)“アニキ”なんですね。現場が滞っている時に『頑張ろう!』という声をかけて下さるんです。それがとても心強かったです」と語りました。

【日々を生きる中で自分を掻き立てるものはありますか】という質問に吉永さんは、「幾つまで映画の世界で仕事が出来るか分からないんですけど、健康や食事をしっかり管理して、出来る限り大好きな映画の現場でやらせて頂きたいって思っています」、天海さんは「私が携わった作品を観て頂いて、自分の人生を頑張ろうとか、明日の自分をもっと良くしようとかそういうお声を頂くと、お仕事をしていて良かったな、どこかの誰かの為になっているんだなと思えて、それが一番自分の原動力になっていると思います」とそれぞれ回答。

天海さんの大ファンだという女性から【今お二人が“やりたいこと”はありますか】という質問には、吉永さんが「スポーツが好きなので、もっともっと色んなスポーツを知りたいなと思っています。特に来年オリンピックがありますので、空手の形をやってみたいなと思っています」と予想外のアクティブな回答を返し、天海さんは「私は有り難いことに今の人生が日々有り難くて幸せなんです」と答えました。

更に質問をした女性が感極まって号泣する姿に天海さんは「私を応援する気持ちと同じ位自分の事も応援して下さいね。それできっとあなたの人生も素晴らしいことになるから。素敵な毎日にしましょう」と語りかけ、その言葉にさらに涙を見せる女性に対して「泣かない!」と声を掛け、会場を盛り上げました。

今回のイベントに参加した観客は、映画の内容にちなみ【お誘いする相手と“その相手にしてあげたいこと”】を書いて応募しており、映画の中の幸枝とマ子同様、「大切なあなたの幸せを願っている」人々が集められました。その中から選ばれた1組が書いた「相手にしてあげたいこと」を吉永さん&天海さんの二人が叶えるというスペシャルな展開に!選ばれた観客は、吉永さんの大ファンだという父親を連れて試写会に参加しており、父親と共に壇上に上がると、満面の笑みで2人と握手。さらに、〈娘が父に叶えてあげたいこと〉を叶えるため、娘が父親に宛てて書いた手紙を吉永さんが特別に代読してくれることに。娘から父への想いが込められた手紙を受け取った父親は涙し、会場全体が温かな空気に包まれました。

最後に天海さんは、「観終わった後の皆様のお顔を直に拝見して、安心し、幸せな気持ちになりました。今日は是非色んな人に映画楽しかったよと伝えて頂き、大切な人にありがとうと伝えてあげて下さい」と、途中感極まりながらコメント。吉永さんは「今お嬢様からお父様へのお手紙を代読させて頂き、丁度30年前に他界した自分の父親を思い出しました。もしこの映画を父に観て貰えていたらどんなに良かったかって、ちょっぴりセンチメンタルになってしまいました。皆さんがご家族やお友達と支え合って、これからもお元気で前に向かって歩いていけるように、この映画がそうした皆様の為に少しでも観て良かったなと思って貰える作品になっていればと思います。本当に今日は皆様に観て頂いて感謝しています。ありがとうございました」と少し涙ぐみながら語り、イベントは大盛況のまま幕を閉じました。

©2019『最高の人生の見つけ方』製作委員会